富士信用金庫

THE FUJI SHINKIN BANK

金融機関コード:1515

MENU

個人のお客様

預ける・運用する外貨預金

外貨預金

外貨普通預金

ご利用いただける方 個人(原則として20歳以上の方)・法人のお客様
お預け入れ通貨 米ドル
お預け入れ金額 1米ドル以上
適用利率 当金庫の店頭で表示する利率を適用いたします。
なお、利率は金利情勢に応じて変更します。
お利息 毎年3月と9月の第2土曜日に計算のうえ、外貨普通預金口座にご入金いたします。
課税区分
個人のお客様: お受取利息には、源泉分離課税(国税15%、地方税5%)の税金が適用されます。
※平成25年1月1日から令和19年12月31日までの25年間、復興特別所得税が付加されることにより、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。
お利息はマル優の対象外です。
法人のお客様: 総合課税
詳しくはお客様ご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。
課税区分
(為替差益・差損)
個人の場合:為替差益は「雑所得」となり、確定申告による
総合課税の対象となります。(※)
為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。
法人の場合:為替差益・差損とも、営業外損益として会計処理されます。
取扱店舗 全店舗でお取扱いいたします。

※年収2千万円以下の給与所得者の方で、為替差益を含めた給与所得及び退職所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。

為替相場の変動リスクがあります。

為替相場の変動により、お受け取りの外貨を円換算すると、当初のお預け入れ時の円貨額を下回る(円ベースで元本割れする)リスクがあります。

お預け入れ時とお引き出し時の換算相場が異なります。

お預け入れ時にはTTSレート(当日仲値プラス1円)、お引き出し時にはTTBレート(当日仲値マイナス1円)を適用します。(ただし、個人のお客様からの1,000米ドル以上のお預け入れは当日TTSレートマイナス50銭でお取扱いします。)米ドルの場合、TTSとTTBとの間に2円(個人で1,000米ドル以上の預け入れをした場合1.5円)の差があるため、為替の変動がない場合でも1米ドルにつき2円(個人で1,000米ドル以上の預け入れをした場合1.5円)の為替差損が生じますので注意が必要です。

預金保険の対象外となります。

入出金に際して、換算相場以外に手数料がかかる場合があります。(手数料は円貨で申し受けます)

外貨現金による入出金や外貨普通預金から出金して外国送金等を行う場合等は、ホームページ及び店頭掲示その他の適切な方法によりお知らせした手数料を申し受けます。詳しくは窓口でお問い合わせください。

通帳は発行致しません。

当金庫の外貨普通預金は通帳を発行いたしません。月中の異動があった場合、翌月に1か月分の外貨普通預金照合表を郵送にて交付いたします。

外貨普通預金のしくみについて

外貨定期預金

ご利用いただける方 個人(原則として20歳以上の方)・法人のお客様
お預け入れ通貨 米ドル
お預け入れ金額 2,000米ドル以上
お預け入れ期間・
お預け入れ方式
1か月、3か月、6か月、1年
自動継続方式(元利継続型・利息受取型)

*元利継続型:
利息を元金に加えて前回と同一の期間の外貨定期預金を自動的に継続作成します。
*利息受取型:
前回と同一の元金・期間の外貨定期預金を自動的に継続作成します。
また、利息はあらかじめ指定された同じ通貨の外貨普通預金口座、または円の普通預金口座に入金します。
適用利率 お預け入れ時の店頭表示利率を満期日まで適用いたします。
課税区分
個人のお客様: お受取利息には、源泉分離課税(国税15%、地方税5%)の税金が適用されます。
※平成25年1月1日から令和19年12月31日までの25年間、復興特別所得税が付加されることにより、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。
お利息はマル優の対象外です。
法人のお客様:
総合課税
詳しくはお客様ご自身で公認会計士・税理士にご相談くださいますようお願い申し上げます。
課税区分
(為替差益・差損)
個人の場合:為替差益は「雑所得」となり、確定申告による
総合課税の対象となります。(※)
為替差損は他の黒字の雑所得から控除できます。
法人の場合:為替差益・差損とも、営業外損益として会計処理されます。
取扱店舗 全店舗でお取扱いいたします。

※年収2千万円以下の給与所得者の方で、為替差益を含めた給与所得及び退職所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。

為替相場の変動リスクがあります。

為替相場の変動により、お受け取りの外貨元利金を円換算すると、当初のお預け入れ時の円貨額を下回る(円ベースで元本割れする)リスクがあります。

お預け入れ時とお引き出し時の換算相場が異なります。

お預け入れ時にはTTSレート(当日仲値プラス1円)、お引き出し時にはTTBレート(当日仲値マイナス1円)を適用します。(ただし、個人のお客様からのお預け入れは当日TTSレートマイナス50銭でお取扱いします。)米ドルの場合、TTSとTTBとの間に2円(個人の場合1.5円)の差があるため、為替の変動がない場合でも1米ドルにつき2円(個人の場合1.5円)の為替差損が生じますので注意が必要です。

預金保険機構の対象外となります。

外貨定期預金の運用例について