第8条 免責事項等

| コメント(0) | トラックバック(0)

1.ワンタイムパスワードおよびソフトウェアトークンは、ご契約先自身の責任において厳重に管理するものとし、第三者に開示しないものとします。 ワンタイムパスワードおよびソフトウェアトークンの管理について、ご契約先の責めに帰すべき事由がなかったことを当金庫が確認できた場合を除き、ご契約先に損害が生じた場合については、当金庫は一切の責任を負いません。

2.ワンタイムパスワードおよびソフトウェアトークンにつき偽造、変造、盗用または不正使用その他のおそれがある場合、ご契約先は、当金庫宛に直ちにワンタイムパスワードの利用中止またはトークンの再発行の依頼をするものとします。 ワンタイムパスワードおよびソフトウェアトークンにつき偽造、変造、盗用または不正使用その他の事故があっても、当金庫に責めがある場合を除き、ご契約先に損害が生じた場合については、当金庫は一切の責任を負いません。

3.当金庫が保有するワンタイムパスワードと異なるワンタイムパスワードが当金庫所定の回数以上連続して伝達された場合は、当金庫は当該ワンタイムパスワードの利用を停止します。当該ワンタイムパスワードの利用を再開するには、管理者が当金庫の所定の手続きをとるものとします。

4.ソフトウェアトークンの不具合等の事由でお取引の取扱が遅延または不能となった場合、それにより生じた損害について当金庫は一切の責任を負いません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fuji-shinkin.jp/cgi-bin/mt-tb.cgi/1103

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.9-ja

このブログ記事について

このページは、富士信用金庫が2016年5月 7日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第9条 本サービスの解約等」です。

次のブログ記事は「第7条 利用料」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。