よくある質問

その他QUESTION & ANSWER

信用金庫と銀行の違いは何ですか?
 信用金庫は、信用金庫法に基づき、地域の人々が会員となり、互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の非営利法人です。営業地域は一定の地域に限定されており、主な取引先は地域の中小企業や地域住民です。会員資格については、個人の場合、営業地区内に居住、勤務、事業所を有する方、法人の場合は、営業地区内に住所または事業所を有する事業者、従業員数300人または資本金9億円以下の事業者に制限されています。また、業務範囲も預金、為替は制限ありませんが、融資は原則、会員の方を対象としています。ただし、制限つきで会員外貸出もあります。
 一方銀行は、銀行法に基づく株式組織であり、営業地域の定めがなく広域を対象とし、主な取引先は大企業をはじめとするあらゆる企業と一般個人が対象です。会員資格や業務範囲の制限もありません。

信用金庫の日とは何ですか?
 昭和26年6月15日に「信用金庫法」が公布・施行されたことから、全国的に6月15日を「信用金庫の日」と定めています。毎年6月15日には、ふじしんでも窓口にてご来店のお客様に、「信用金庫の日」をPRする啓発品(数に限りがございます)をお渡ししたり、ふじしん講演会の開催など、地域と共に歩む信用金庫を広くPRさせて頂く取り組みを実施しております。
ページ上部へ