トップ > ふじしんについて > お客様本位の業務運営に関する基本方針

プライバシーポリシー等

お客様本位の業務運営に関する基本方針

当金庫は、お客様の資産形成及び資産運用に関する業務において、より一層の「お客様本位の業務運営」を実現するため、以下の基本方針を策定し、公表いたします。

また、この基本方針のもと、今後その取り組み状況や成果を定期的に確認し、必要に応じて方針の見直しを行ってまいります。

  1. 1.お客様の最善の利益の追求

    当金庫は、営業理念でもある「地域社会の繁栄に貢献する」に基づき、地域のお客様の経済的な繁栄への助力となることが地域金融機関としての本質と考え、お客様一人ひとりに合わせたコンサルティングを徹底することにより、お客様に最善の利益を提供できるよう努めます。

    【主な取組み】
    • お客様の家計の安定的な資産形成の助力となるべく、お客様のご希望やお話を十分に伺い、お客様のライフステージ・ライフイベントにマッチした商品・サービスの提案をいたします。
    • 幅広いお客様のニーズに応えられるよう、商品・サービスの充実を図ります。
  2. 2.利益相反の適切な管理

    当金庫は、お客様の利益が不当に害されることのないよう、利益相反の管理を徹底いたします。

    【主な取組み】
    • 別に定める「利益相反管理方針」に沿って、利益相反のおそれのある取引を適切に把握・管理し、お客様の利益を保護する体制を整備しております。
  3. 3.手数料等の明確化

    当金庫は、お客様にご負担いただく手数料等の費用について、わかりやすい説明を行います。

    【主な取組み】
    • 手数料等の費用について、お客様が直接的に負担するもの(購入時手数料など)のみならず、間接的に負担するもの(信託報酬など)も含めてご説明するなど「手数料の見える化・明確化」を推進します。
    • また、保有期間が長期に亘るほど年負担割合が逓減することなど、手数料と投資の関係についてお客様のご理解を深めるための説明を心がけます。
  4. 4.重要な情報のわかりやすい提供

    当金庫は、ご案内する商品・サービスに関するリスクの所在や取引条件等の重要な情報について、わかりやすい表現を用い、お客様一人ひとりに寄り添った丁寧な説明を行います。

    【主な取組み】
    • 説明回数及び時間については、お客様の投資経験や投資知識、商品理解度等に応じた「オーダーメイド」の対応とし、ご理解・ご納得いただけるまで丁寧な説明を行います。
    • 特に、ご高齢のお客様については、面談回数を増やすなど十分な検討時間の確保に努めます。
    • リスク商品を保有しているお客様については、定期的な面談機会を設けて運用状況の説明を行い、お客様の疑問や不安に対応するなど、アフターフォローの充実に努めます。
  5. 5.お客様にふさわしい商品・サービスの提供

    当金庫は、お客様の知識・経験・財産の状況・取引の目的等をお伺いしたうえで、真にお客様の利益に資する商品・サービスの提案を行います。

    【主な取組み】
    • 商品・サービスの提案が一方的なものとならないよう、双方向のコミュニケーションを大切にし、お客様が能動的かつ適切な投資判断・商品選択を行うためのサポート役となるよう努めます。
    • 真にお客様の利益に資する商品・サービスの提案を行うために、損失の許容限度、金融資産全体に占めるリスク資産の割合、どのようなリスク対策をお持ちであるか等について、十分にお話を伺います。
    • 特に、ご高齢のお客様については、商品への理解と取引意思の再確認を徹底するとともに、ご家族と一緒にじっくりご検討いただくことをお勧めしております。
  6. 6.お客様本位の業務運営を行うための態勢整備

    当金庫は、お客様本位の業務運営を企業文化として定着させるべく、本基本方針を実践できる職員を育成します。また、お客様本位の業務運営の積極的な推進とその動機付けにつながる評価体系の構築に努めます。

    【主な取組み】
    • 通常の業務研修に加え、全職員を対象に年1回「金融商品コンプライアンス研修」を実施し、各種法令や倫理観、地域金融機関としての営業理念を修得する機会を設けております。
    • 全営業店に配置した「マネーアドバイザー」に対して定期的に金融商品取扱いに関する研修を実施し、営業店の事務レベル向上を図っております。
    • 業績評価については、販売収益のみに捉われず、お客様の営業基盤強化等、お客様本位の業務運営への取組みが適切に評価される体系を構築するよう努めます。
ページ上部へ