トップ > 各種お知らせ

各種お知らせ

掲載日時: 2016年4月22日 09:00 AM
平成28年4月22日
 会員の皆様へ 


富士信用金庫      
理事長 小滝 勝昭 


  
 当金庫は、平成28年6月に開催する総代会(開催予定日:平成28年6月17日(金))において、当金庫の定款第15条の規定に基づき、期間所在が不明である会員の方(以下、「所在不明会員」といいます。)の除名決議を行うことといたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。 

 つきましては、除名決議の対象者に該当することにお心当りのある方で除名を希望されない場合には、平成28年5月31日(火)までに、会員様ご本人が、ご本人であることを確認できる書類及び届出印を当金庫本支店の窓口にご持参のうえ、届出住所等の変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。 


 記 


  1.「所在不明会員」とは、以下の要件を全て充足し、かつ、当金庫が除名することが適当と
  判断させていただいた会員の方とします。 
   ①平成23年1月から平成27年12月末にかけて当金庫の事業を利用していない方。
   ②平成27年6月以前に当金庫の出資配当金通知書が5年以上継続して到達しなかった方。 
   ③当金庫への届出住所等に所在していないことが確認できた方。   
    ※ 当金庫の定款別表4第5項及び付則では、「5年以上継続してこの金庫の事業を利用
     せず、かつ、この金庫がその会員に対してする通知又は催告が5年以上継続して到達
     しないとき」など一定の要件に該当する場合には、総代会において除名できるとされて
     います。


  2.信用金庫法及び当金庫定款の定めるところにより、除名対象者の方は、総代会において弁明
  をすることができます。 


  3.除名により脱退となる会員の方は、上記総代会の翌年の4月1日以降にご請求いただければ
  出資金の払戻しをいたしますので、ご本人であることを確認できる書類をご持参のうえ、当金庫
  本支店の窓口までご相談ください。また、再加入を希望される方もこれと同様に、当金庫本支店
  の窓口までご相談ください。
   
   ただし、脱退した方が当金庫に対する債務がある場合には、当該債務と出資金との相殺や、
  当該債務を完済するまでその払戻しを停止する場合がありますのでご注意ください。


 以  上

【お問合せ先】             
富 士 信 用 金 庫          
総務部総務課(電話:0545-53-3001)


掲載日時: 2016年1月26日 12:00 PM
 当金庫で提供しておりますインターネットバンキングサービスにおきまして、セキュリティ強化のため、平成28年5月9日(月)から、より安全性を高めた通信方式へ変更を行います。

 これに伴い、平成28年5月9日(月)以後、以下の環境においてインターネットバンキングをご利用いただけなくなりますので、利用者様におかれましてはご利用環境のアップグレード等の対応をお願いいたします。

 ※ご利用いただけなくなる利用環境
  ・ WindowsXP SP2 以前 または Internet Explorer 6.0 SP2以下を搭載しているパソコン
    ※ ダイレクトバンキングをご利用の方は、2009年以前に発売された一部携帯電話での
     ご利用も不可となります。      
          (機器ごとの対応状況は、ご利用の各携帯電話会社にお問い合わせください。)
  
 現在お使いの利用環境がご不明な場合は、シマンテック社の提供する「確認ページ」へアクセスしていただくことで確認が可能です。「確認ページ」が正常に表示される環境であれば、対応日以後も引き続きインターネットバンキングのご利用が可能です。 
 「確認ページ」はこちらよりアクセスしてください。

 本件に関する詳細につきましては、こちらをご覧ください。
掲載日時: 2015年12月30日 12:00 PM
 当金庫が提供しております、「ふじしんダイレクトバンキングサービス」(個人向けインターネットバンキングサービス)におきまして、以下の環境を推奨環境に追加しましたので、お知らせ致します。

 

O  S

ブラウザ

Windows 10

Microsoft Edge

Android 5.0

標準ブラウザ

iOS 9.0

safari


 
 詳細につきましては、こちらより確認ください。


掲載日時: 2015年12月21日 12:00 PM

 

平成27年12月

会員の皆様へ

富士信用金庫


 

 
定款の一部変更に関するお知らせ

 

さる平成26年9月に信用金庫法施行規則が改正され、長期間にわたり所在が不明となられている会員(以下、「所在不明会員」といいます。)の除名に関する事項を定款に定めることができることとなりました。

 会員の方の加入・脱退の状況を正確に把握することは重要な課題であり、法令・定款に基づく所在不明会員への対応は、出資事務の合理化、ひいては、現在ご利用いただいているお客様の利益にもつながるものです。

以上の理由から、当金庫では、平成27年6月16日開催の通常総代会の議決を得て、平成28年1月4日付で定款を変更することといたしましたのでお知らせいたします。

これにより、下記に該当する会員の方は総代会の決議により除名となることがございます。

なお、住所等の変更をお届けいただいていない会員の方は、速やかにお手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。


 

・所在不明会員とは、次の①~③の全てに該当する会員で、これらの方は総代会の議決をもって、除名となることがございます。

①5年以上継続して当金庫をご利用していない方。

②当金庫の通知又は催告が5年以上継続して到達しなかった方。

③当金庫への届出住所等に所在していないことが確認された方。


以 上

               

               【お問合せ先】

                 富士信用金庫 本支店

                 もしくは総務部総務課

                 (電話:054553-3001)

掲載日時: 2015年12月 1日 08:00 AM

法人に係る利子割 (地方税) 廃止に関するお知らせ

 

平成27年12月

corp-tax28.png

 


 平成25年度税制改正により、平成281月から法人に係る利子割 (預金利息等から特別徴収する地方税5%) が廃止されます。

 法人のお客さまには、平成2811日以降にお支払いする預金利息から地方税の特別徴収を行いませんので、お知らせいたします。

 なお、個人のお客さまは変更ございません。

 

1.対象となる預金

* 普通預金 ※1

* 通知預金 ※1

* 納税準備預金 ※1 ( 納税外の目的で払戻をした場合のみ )

* 外貨普通預金 ※1

* 定期積金  ※2

* 定期預金  ※2

* 外貨定期預金 ※2

 

2.税率

期 間

税 率

平成 27 年 12 月 31 日 まで

20.315

( 国税:15.315※3 + 地方税:5% )

平成 28 年 1 月 1 日 から

15.315

( 国税:15.315※3

 

※1:普通預金、通知預金、納税準備預金および外貨普通預金は、平成2811日以降にお支払いする預金利息より地方税を特別徴収いたしません。

※2:定期積金、定期預金および外貨定期預金は、平成2811日以降の満期時および中途解約時にお支払いする預金利息より地方税を特別徴収いたしません。

※3:上記国税には復興特別所得税(0.315%)が含まれます。

平成2511日から平成491231日までは復興特別所得税が課されており、源泉徴収

いたします。

 

3.ご注意

* この内容は、平成27121日における法令その他の情報に基づき作成しておりますが、今後の税制改正等により、内容が変更される場合があります。

* 最新情報や詳細につきましては、財務省ホームページや国税庁ホームページ等でご確認くださいますようお願いいたします。

* 個別具体的なケースに係る税務上の取扱い等につきましては、税理士または最寄りの税務署にご確認くださいますようお願いいたします。

 

以 上

掲載日時: 2015年11月27日 12:00 PM
disclosure_201509.jpg
 詳しくはこちらをご覧ください。
掲載日時: 2015年9月18日 12:00 PM
furikome_attention.jpg

掲載日時: 2015年8月 7日 08:59 AM

 

平成27年 8月 10

お 客 様 各 位

 

富 士 信 用 金 庫

 

「ダイレクトバンキングサービス」におけるワンタイムパスワードの提供開始について


 平素は、当金庫をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、昨今、新聞等で報道されておりますとおり、インターネットバンキングをお使いのお客様のパソコンに、不正な画面を表示させる等の手口で、サービスの利用に必要なIDとパスワードを盗み出し、預金口座から不正送金をするといった金融犯罪が全国的に多発しております。

これらの被害を防止し、安心してインターネットバンキングをご利用いただけるよう当金庫では、1回のみの使用で無効となる「ワンタイムパスワード」の取扱いを平成27年8月17日(月)より開始することといたしました。

「ワンタイムパスワード」を従来のログインで使用している「契約者ID」と「ログインパスワード」に加えてご使用いただくことで、セキュリティを大幅に向上させることが可能となりますので、ご利用いただくことをお勧めいたします。

 

 

1.ワンタイムパスワードの概要

  ワンタイムパスワードとは、一定時間(30秒)のみ有効かつ1度限りの使用で無効となるパスワードです。この、ワンタイムパスワードをログイン時の認証に利用することで、セキュリティを大幅に向上させることが可能となります。

    事前にソフトウェアトークンと呼ばれるワンタイムパスワードを生成するアプリケーションを、お客様の管理するパソコンやスマートフォン等に導入し、それを用いて、ログイン認証を行います。


2.対象端末

端末種別

ソフトウェアトークンの導入

ワンタイムパスワードによるログイン

パソコン

スマートフォン

スマートフォン以前の従来型携帯電話(※)

×

   ※スマートフォン以前の従来型携帯電話向けソフトウェアトークンの提供は、         平成28年9月30日をもって終了となります。


3.ご利用いただける方

  ダイレクトバンキングサービスご利用中のお客様がお使いいただけます。

  なお、ご利用は任意となっております。

 

4.利用料

  無料でお使いいただけます。

 

5.利用方法

  ワンタイムパスワードをご利用いただくには、事前にソフトウェアトークンと呼ばれるワンタイムパスワードを生成するアプリケーションを、お客様の管理するパソコンやスマートフォン等に導入していただく必要があります。

  その後、導入したソフトウェアトークンにワンタイムパスワードを生成させ、「契約者ID」と「ログインパスワード」に加えてログイン時の認証に、ご利用いただく流れとなります。

  詳細な利用方法につきましては、こちらよりご確認ください。

 

6.提供開始日

  平成27年8月17日(月)

one_time_pwd.png

 以 上

掲載日時: 2015年7月28日 09:00 AM
disclosure2015.jpg
 
  詳しくはこちらをご覧ください。
掲載日時: 2015年6月10日 09:00 AM


理事長 小滝 勝昭  


まち・ひと・しごと地方創生に向けた当金庫の取組みについて


地方が成長する力を取り戻し、急速に進む人口減少を克服する。 まち・ひと・しごと創生本部は、我が国が直面する地方創生・人口減少克服という構造的課題に正面から取り組むために設置されました。この目的の下、国と地方が総力を挙げて取り組む上での指針となる「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」が策定されました。

本長期ビジョンは、日本の人口の現状と将来の姿を示し、人口減少をめぐる問題に関する国民の認識の共有を目指すとともに、今後、目指すべき将来の方向を提示することを目的としています。これにより、人口減少をめぐる問題や地方創生の在り方について国民的な論議がより一層深まっていることから、当金庫は、まち・ひと・しごと地方創生の一翼を担い、雇用機会の創出および地域経済活性化へのひとつの取組みとして、現在お取引を頂いているお客様はもとより、今まで以上に、起業・創業支援に傾注し、また、創業間もない事業者の皆様に対しても一層の支援強化を図ってまいります。

この度、当金庫は、日本政策金融公庫沼津支店と新たに連携して、地域の中小事業者の活力を引き出す支援を強化し、産官学金労言と密接に連携し地域経済の活性化に向けて取り組んでまいります。

 

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8
ページ上部へ