トップ > 各種お知らせ > 法人のお客様

各種お知らせ

掲載日時: 2016年7月26日 03:00 PM
disclosure201603.jpg


  詳しくはこちらをご覧ください。


掲載日時: 2015年11月27日 12:00 PM
disclosure_201509.jpg
 詳しくはこちらをご覧ください。
掲載日時: 2015年7月28日 09:00 AM
disclosure2015.jpg
 
  詳しくはこちらをご覧ください。
掲載日時: 2015年6月10日 09:00 AM


理事長 小滝 勝昭  


まち・ひと・しごと地方創生に向けた当金庫の取組みについて


地方が成長する力を取り戻し、急速に進む人口減少を克服する。 まち・ひと・しごと創生本部は、我が国が直面する地方創生・人口減少克服という構造的課題に正面から取り組むために設置されました。この目的の下、国と地方が総力を挙げて取り組む上での指針となる「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」が策定されました。

本長期ビジョンは、日本の人口の現状と将来の姿を示し、人口減少をめぐる問題に関する国民の認識の共有を目指すとともに、今後、目指すべき将来の方向を提示することを目的としています。これにより、人口減少をめぐる問題や地方創生の在り方について国民的な論議がより一層深まっていることから、当金庫は、まち・ひと・しごと地方創生の一翼を担い、雇用機会の創出および地域経済活性化へのひとつの取組みとして、現在お取引を頂いているお客様はもとより、今まで以上に、起業・創業支援に傾注し、また、創業間もない事業者の皆様に対しても一層の支援強化を図ってまいります。

この度、当金庫は、日本政策金融公庫沼津支店と新たに連携して、地域の中小事業者の活力を引き出す支援を強化し、産官学金労言と密接に連携し地域経済の活性化に向けて取り組んでまいります。

 

掲載日時: 2015年6月 9日 10:02 AM

 当金庫は、起業創業者向けの融資新商品『ふじしん起業創業支援資金』Get Dreamの取扱いを開始します。同時に起業創業分野において、当金庫と日本政策金融公庫沼津支店が連携し、パッケージ融資による資金調達支援の取扱いを開始しております。

 『ふじしん起業創業支援資金』Get Dream は、地域金融の中核を担う金融機関として、夢を持ち、新しい事業に挑戦する人を応援し、地域経済の活性化を担う事業者に育てることを目的に考案し、創業前の事業計画の策定支援、創業後もきめ細やかなサポートにより計画達成へ向けて事業者と共に歩んでいく融資商品となっております。

当初2年間は当座貸越を利用し、2年経過後に証書貸付に切替をするのが大きな特徴となっております。


詳しくは
こちらをご覧ください。

掲載日時: 2015年1月21日 08:19 AM

 

 お客様各位


「田子浦支店」店舗移転のお知らせ


 平素は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

このたび「田子浦支店」は平成27年2月9日(月)に以下のとおり新築移転いたします。

新店舗は、太陽光発電システムを設置、LED照明を導入する等環境に優しい店舗となりました。また、平日の朝8時30分から夕方5時までご利用できる全自動貸金庫を設置いたしましたのでぜひご利用ください。


 住 所 :富士市川成新町276番地   (地図はこちら

 TEL :0545-63-7311    

 FAX :0545-63-7320    


≪画像をクリックすると拡大します≫

掲載日時: 2014年12月25日 08:37 AM
 当金庫中丸支店は、平成26年12月22日(月)に田子浦支店へ統合いたしました。これに伴い必要となります各種お手続きについて以下のとおりとさせていただきますので、ご確認いただきますようお願いいたします。
         
【お取引口座番号について】
  お取引口座番号の変更はありません。そのままご利用いただけます。

【通帳・証書・キャッシュカード・ローンカードのお取扱いについて】
  変更の手続きは必要ありません。そのままご利用いただけます。

【手形小切手ご利用のお客さま】
  平成26年12月19日までに振り出された手形・小切手や12月20日以降に「中丸支店」名で振り出
  された手形・小切手はこれまでと同様に決済させていただきます。

【融資・各種ローンをご利用のお客さま】
  変更の手続きは必要ありません。

【マル優・マル特制度をご利用のお客さま】
  マル優・マル特制度をご利用の預金について、変更手続きは必要ありません。

【公共料金等自動引落口座としてご利用のお客さま】
  電気・ガス・水道・電話・NHK受信料などの公共料金、その他(税金・保険料・クレジットカード
  利用代金等)の自動引落しについて、変更手続きは必要ありません。そのままご利用いただけ
 ます。

【年金のお受取口座としてご利用のお客さま】
  国民年金や厚生年金などの公的年金をお受取の場合は変更手続きは必要ありません。
  一部共済年金・厚生年金基金・適格年金その他私的年金をお受取の場合は年金支払機関に
  よっては変更手続が必要となる場合がありますので、お手数ですがお早めにそれぞれの年金
  支払機関にご確認ください。その他、年金に関してご不明な点がございましたら、当金庫年金
  担当係までお問い合わせ下さい。

【給与のお受取口座としてご利用のお客さま】
  お勤め先へ、平成26年12月22日(月)以降、振込先支店名を「田子浦支店」に変更していただき
  ますよう、ご連絡をお願いします。口座番号の変更は必要ありません。

【お振込・配当金等のお受取口座としてご利用のお客さま】
  お客さまの口座にお振込をされるご依頼人(お取引先等)へ平成26年12月22日(月)以降、振込
  先支店名を「田子浦支店」に変更していただきますよう、ご連絡をお願いします。口座番号の変更
 は必要ありません。

【「中丸支店」の口座へ振込をなされているお客さま】
  平成26年12月22日(月)以降、振込先支店名を「田子浦支店」に変更のうえ、振込手続きをお願
  いします。口座番号の変更は必要ありません。

【ATM振込・為替自動振込をご利用し中丸支店の口座へ振込されているお客さま】
  ○ATM振込のお取扱いについて
   平成26年12月20日(土)以降、振込先支店名を「田子浦支店」に変更のうえ、お振込手続きを
   お願いします。口座番号の変更は必要ありません。
    ※旧店舗名「中丸支店」を振込先とした振込カードまたはICキャッシュカード内の振込情報は
       平成26年12月19日(金)以降の振込の際に、振込カードの場合は作り直しを、ICキャッシュ
       カードの場合はATMにて該当振込情報の削除および再登録をお願いします。
  ○為替自動振込のお取扱いについて変更手続きの必要はありません。

【インターネットバンキング(WEB-FB、ダイレクトバンキング等)をご利用のお客さま】
  変更手続きの必要はありません。そのままご利用できます。

【でんさいネットをご利用のお客さま】
  変更手続きの必要はありません。そのままご利用できます。

 ご不明な点がございましたら、田子浦支店(0545-63-7311)までお問合せ下さい。


掲載日時: 2014年12月 1日 02:00 PM
平成26年12月吉日
お客様各位
富 士 信 用 金 庫  
理 事 長   小滝 勝昭
中 丸 支 店 長  倉田 優 
 田子浦支店長  涌田 周成


中丸支店と田子浦支店の統合のお知らせ
 

謹啓

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

  さて、当金庫中丸支店は、平成7年の開店以来、地域の皆さまのご支援のもと

  営業を続けてまいりましたが、この度、平成26年12月19日(金)をもちまして 

 窓口並びにATMコーナーの営業を終了させていただくこととなりました。 

 ここに永年にわたるご高配とご愛顧に深く感謝申し上げます。 

 中丸支店のお客様のお取引につきましては、誠に勝手ではございますが、

 当金庫田子浦支店へ承継させていただきますので、ご理解いただきますよう 

  お願い申し上げます。 

 なお、田子浦支店は富士市川成新町(池辺クリニック様隣)に平成27年2月中旬 

 新築移転いたします。

 富士信用金庫は今後も地域金融機関として、地域の皆さまのお役に立てます 

 よう役職員一同、より一層努力する所存でございます。 

 今後とも、何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 なお、ご不明な点等がございましたら、中丸支店までお問い合わせください。

 謹白

掲載日時: 2014年12月 1日 09:00 AM
disclosure201409_01.jpg
 詳しくはこちらをご覧ください。
掲載日時: 2014年10月23日 09:00 AM
 当金庫では、地域の中小企業及び個人のお客さまへの安定した資金供給は、最も重要な社会的使命と位置付け、その実現に取組んでおります。
 また、当金庫では、最近の経済金融情勢を踏まえ、「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律(以下、中小企業金融円滑化法といいます)」の施行を契機にこれまで以上に中小企業及び個人のお客さまからの各種ご相談や貸付条件の変更等のお申し込みに迅速かつ適切にお応えするとともに円滑な金融仲介機能を発揮していくため、「地域金融円滑化のための基本方針」を策定し以下の態勢を整備してまいりました。
 今般、平成25年3月31日をもって中小企業金融円滑化法は終了しましたが、当金庫ではこれからも引き続き中小企業の経営改善や事業再生などに積極的に取り組み、外部機関等との連携も強化しながら、コンサルティング機能を発揮し最大限の支援をして参ります。

→詳しくはこちらご覧ください。
ページ上部へ