2012年9月アーカイブ

定款の一部変更のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 平成19年6月の政府指針「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」とそれに基づく行政当局の方針、全国の都道府県での暴力団排除条例の施行どにより、信用金庫には反社会的勢力との取引解消に向けたさらなる態勢整備が求められています。
 金庫においても、各種取引から反社会的勢力の排除に取り組んでいますが、今般その一環として、当局の認可を得て平成 24 年 8 月 1 日付で定款を変更しました。

詳細はこちらをご覧ください。 (PDF:89KB)
キャッシュカードをご利用のお客様へ

最近、盗難キャッシュカードや偽造キャッシュカード等により、ATMでご預金が不正に引き出される事件が全国各地で発生しています。
キャッシュカードを安全にご利用いただくため、お客様におかれましては次の点にご注意ください。

キャッシュカードの盗難にご注意ください!

キャッシュカードは、預金通帳やお届け印と同様に大切なものですので、厳重に管理してください。

キャッシュカードを入れた財布などを、長時間お手元から離さないよう、ご注意ください。

万一、キャッシュカードが盗まれたり紛失した場合は、直ちに当金庫のお取引店にご連絡ください。

空き巣や車上盗難などの被害に遭われたときは、キャッシュカードが盗まれていなくても、磁気データがコピーされている可能性がありますので、念のため当金庫のお取引店にご連絡ください。

キャッシュカードや暗証番号のお取扱いにご注意ください!

暗証番号は、他人に知られないようにお取扱には十分ご注意ください。
特に、暗証番号を記載したメモや暗証番号を推測される手掛りとなるものは、キャッシュカードと一緒に保管しないで下さい。

生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバー、同一数字、連番など、他人に推測されやすい番号を暗証番号とすることは避けてください

推測されやすいと思われる暗証番号をご利用のお客様は、速やかに変更されることをお奨めします。また、より安全にご利用いただくために、暗証番号の定期的な変更をお奨めします。
なお、暗証番号の変更は、当金庫ATMでお手続きいただけます。

暗証番号は、キャッシュカードごとに異なる番号とすることお奨めいたします。また、キャッシュカードの暗証番号を、貴重品ボックスなど他のサービスを利用する際の暗証番号にして使うことは避けてください。

ATM(現金自動預払機)などを利用される際は、暗証番号を後ろから盗み見られたりしないよう、ご注意ください。

通帳のご記帳はできるだけ頻繁に行い、不審な取引がないかご確認ください。

当金庫職員や、信用金庫協会職員、警察官などが、店舗外や電話などでキャッシュカードの暗証番号をお尋ねすることはありません。不審な点がありましたら、直ちに当金庫お取引店にご照会ください。

キャッシュカードの利用明細票は、お持ち帰りになられるか、他人に見られないように廃棄してください。(一部のお取引では、ATM操作時に「発行不要」をご選択いただくことも可能です。)

偽造・盗難カード被害等に遭われた場合には、下記の受付先にご連絡ください。

曜日等受付時間帯受付先受付先電話番号
平日8:30~17:30各お取引店
お取引店の電話番号はこちらからご覧いただけます。
上記以外の時間信金監視センター名古屋:052-203-8299
土曜、日曜、祝・祭日24時間

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。